アイリス歯科医院
院長 若生 美智代先生
人件費問題の救世主かな! 人件費問題の救世主かな
導入時期
2019年6月
導入台数
1台
外来患者数/日
150人程度
スタッフ数
受付3人
課題
保管患者数が多く
スタッフの金銭授受の負担を軽減したかった
効果
現金授受がなくなり、スタッフの業務負担が減った
Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか?岩井先生:保管患者数が多く、スタッフの金銭授受の負担を軽減したかったからです。
Q 1日来院患者数は何人ですか?岩井先生:150人です。
Q 業務負担はどれほど減りましたか?岩井先生:もともと保険患者数が1日150人と多く、会計業務が大変な負担となっていました。自動精算機導入により保険患者さんとの現金のやり取りがなくなったため、スタッフの業務負担が減り、接遇や電話対応などに時間を使うことができるようになりました。
導入時期
2018年12月
導入台数
1台
外来患者数/日
30人前後
スタッフ数
4~5人
課題
受付の業務効率化を図りたかった
人件費削減と受付スタッフの確保と定着化をしたかった
効果
人為的なミスを減らすことができた
受付業務の削減だけでなく、金銭管理もしやすくなった
Q 患者さまからの評判はいかがですか?岩井先生:患者さんからよく聞くのは、便利な機械が入ったと評判でした。初診の患者さんにも操作方法を一度説明すれば次から活用できるので、今は混乱もなく運用できていますね。
Q スタッフからの評判はいかがですか?岩井先生:導入時は、不安の声もありましたが、導入後は現金の扱いがほとんど無くなったのでスタッフからの評判はいいです。
Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか?岩井先生:2日間のサポートがあったので安心感がありました。
Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか?若生先生:歯科業界は人手不足に悩んでいて、求人サイト活用してもなかなか人材発掘がうまくいかず、費用も決して安いものでは無いので問題視しておりました。 その問題が発展し、受付の1人あたりの負担が倍増し、会計業務にも支障をきたしていました。費用がかかろうとも、解決できるならと決意したことと、更には当医院の担当者も信頼できる人だと思い、導入しました。
Q 1日来院患者数は何人ですか?若生先生:予約制のため日によりますが、30人前後です。
Q 業務負担はどれほど減りましたか?若生先生:会計業務の際に起こっていた人為ミスがなくなりました。以前は、受付でお会計/次回のアポイントメント/その他の対応をしていましたが、NOMOCa₋stand導入により受付ではアポイントメントの調整をするだけでよくなり、時間短縮になりました。受付の負担も減っただけでなく、金銭の管理が一目瞭然で、管理者の立場からしても非常に分かりやすくて助かります。
アイリス歯科
Q 患者さまからの評判はいかがですか?若生先生:最初は混乱が生じて、高齢者の方は使い方が難しそうではありましたが、受付がNOMOCa₋standのお釣りの取り忘れがないように促したりなど適度フォローしているため、徐々に安定していました。
Q スタッフからの評判はいかがですか?若生先生:受付業務に集中できる環境になったおかげで、患者さんから「スタッフさんの対応がいいね!」とお褒めの言葉をいただけるようになりました。締め作業でも、以前は〇円足りませんという報告があり、お互いにいい気持のしないやり取りをしなくてはいけず、精神的なストレスになっていました。しかし導入してからは人為的なミスがないため、医院全体のストレス軽減にもつながりました。
Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか?若生先生:担当者のレスポンスが早いので、特に困ったことはありません。強いて言うならば、全体的な展望としてこのNOMOCa₋standがどのように成長するのかを見ていきたいと思いました。

日々の安心の
サポート体制

NOMOCa-Standを安心してお使いいただけるよう、万全のサポート体制をご用意しています。