渋谷駅前おおしま皮膚科
理事長 大島 昇先生
コンパクトさとシンプルな操作性で評判も上々 コンパクトさとシンプルな操作性で評判も上々
導入時期
2019年6月
導入台数
1台
外来患者数/日
150人程度
スタッフ数
受付3人
課題
保管患者数が多く
スタッフの金銭授受の負担を軽減したかった
効果
現金授受がなくなり、スタッフの業務負担が減った
Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか?岩井先生:保管患者数が多く、スタッフの金銭授受の負担を軽減したかったからです。
Q 1日来院患者数は何人ですか?岩井先生:150人です。
Q 業務負担はどれほど減りましたか?岩井先生:もともと保険患者数が1日150人と多く、会計業務が大変な負担となっていました。自動精算機導入により保険患者さんとの現金のやり取りがなくなったため、スタッフの業務負担が減り、接遇や電話対応などに時間を使うことができるようになりました。
Q 患者さまからの評判はいかがですか?岩井先生:患者さんからよく聞くのは、便利な機械が入ったと評判でした。初診の患者さんにも操作方法を一度説明すれば次から活用できるので、今は混乱もなく運用できていますね。
Q スタッフからの評判はいかがですか?岩井先生:導入時は、不安の声もありましたが、導入後は現金の扱いがほとんど無くなったのでスタッフからの評判はいいです。
Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか?岩井先生:2日間のサポートがあったので安心感がありました。
導入時期
2018年12月
導入台数
1台
外来患者数/日
約400人
スタッフ数
3~4人
課題
患者様が増えたため会計業務の効率化をしたかった
効果
会計業務が円滑になり、患者様を待たせる時間が減った
NOMOCa-Standを導入した事で患者様の満足度向上に寄与した
Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか?大島先生:患者様が1日400人ほど来られるため、業務の効率化が問題点でした。そのため、自動精算機の導入は前から考えていましたが、当時は初期費用や維持費用などが莫大な点と、自動精算機のサイズが大きく、ビル内の限られたスペースでうまく活用できるかの2点で悩んでいました。ですが知人の紹介で、NOMOCa₋standのことを知り、コスト面とサイズがコンパクトなことと、同時期に当医院が利用している電子カルテとの連携も開始していたので、導入しました。/span>
Q 1日来院患者数は何人ですか?大島先生:現在400~500人ほどです
Q 業務負担はどれほど減りましたか?大島先生:開業2年時点で患者様が300人を超え、その頃より会計業務の効率化が課題となっていました。自動精算機導入後、会計業務短縮でスタッフも余裕ができ、患者様へのお声がけなどに専念できるようになったと感じております。
Q 患者さまからの評判はいかがですか?大島先生:シンプルな操作性なので、「使いにくい」といったクレームがなく、たくさんの患者様にご利用いただいております。患者様をお待たせしない努力をしている医院だと、思っていただいている方も多いです。 実際に、患者様から口コミやSNSでも感想を書いてくださっていて、設置しているだけでプラスなイメージを持っていただいているお声を見ると、導入して良かったと思います。
Q スタッフからの評判はいかがですか?大島先生:従来の会計では、1円と5円を使う価格設定をしていたため、NOMOCa₋stand導入によって、料金変更は大変でした。ですが、結果的には会計業務全般の計算が以前より楽になり、いい方向に作用しています。
Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか?大島先生:当院のポリシーは「患者様目線で考える」ことです。 そのポリシーを遂行するため、患者様の待ち時間を減らす努力をし、医療の質と丁寧な対応の両立を目指す先に企業様と一緒に今後も役立つサービスを考えていきたいと思っております。

日々の安心の
サポート体制

NOMOCa-Standを安心してお使いいただけるよう、万全のサポート体制をご用意しています。