おおはま糖尿病・腎クリニック
院長 大濱 俊彦先生
導入後のサポートがたのもしい! 導入後のサポートがたのもしい!
導入時期
2019年6月
導入台数
1台
外来患者数/日
150人程度
スタッフ数
受付3人
課題
保管患者数が多く
スタッフの金銭授受の負担を軽減したかった
効果
現金授受がなくなり、スタッフの業務負担が減った
Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか?岩井先生:保管患者数が多く、スタッフの金銭授受の負担を軽減したかったからです。
Q 1日来院患者数は何人ですか?岩井先生:150人です。
Q 業務負担はどれほど減りましたか?岩井先生:もともと保険患者数が1日150人と多く、会計業務が大変な負担となっていました。自動精算機導入により保険患者さんとの現金のやり取りがなくなったため、スタッフの業務負担が減り、接遇や電話対応などに時間を使うことができるようになりました。
導入時期
2019年4月
導入台数
1台
外来患者数/日
20~30人
スタッフ数
9人
狙い
新規開業をする上で業務効率化を図ろうと考えた
医院コンセプトを考えた時に患者さんとのコミュニケーションをより濃密に図ろうと考えた。
効果
実際に導入してみると、患者さんからもスタッフさんからも好評いただき効率化を図れるようになった
業務が減ったので、患者さんとも濃密にコミュニケーションをとることができるようになった
Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか?大濱先生:開業当初は窓口の自動レジを考えていたのですが、開業する上でスタッフさんの業務負担と患者様に寄り添う医療というコンセプトを実現させるのを考えたのがきっかけです 。
Q 1日来院患者数は何人ですか?大濱先生:20人〜30人
Q 業務負担はどれほど減りましたか?大濱先生:締めの作業が楽になったので、残業時間が減り、帰宅するのが抜群に早くなり、お会計以外の業務、主に患者さんとコミュニケーションをとる時間に費やすことができるようになったので、業務効率化を図ることができるようになりました。
おおはま糖尿病・腎クリニック
Q 患者さまからの評判はいかがですか?岩井先生:患者さんからよく聞くのは、便利な機械が入ったと評判でした。初診の患者さんにも操作方法を一度説明すれば次から活用できるので、今は混乱もなく運用できていますね。
Q スタッフからの評判はいかがですか?岩井先生:導入時は、不安の声もありましたが、導入後は現金の扱いがほとんど無くなったのでスタッフからの評判はいいです。
Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか?岩井先生:2日間のサポートがあったので安心感がありました。
Q 患者さまからの評判はいかがですか?大濱先生:患者さんからの評判も上々です。以前勤めていた医院では診察が終わってから2〜3時間待たせることがあったのですが、NOMOCa-Standを導入したことによりお会計の自動化ができているので、待つ時間が圧倒的に減り、患者さんからも非常に満足していただいています。
Q スタッフからの評判はいかがですか?大濱先生:「非常に楽だ」という声が多くあります。締め時間も10分ぐらいで終わってしまうので、時間短縮できたことにより帰る時間も早くなったので、好評をいただいています。
Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか?大濱先生:一言「頼もしい」です!機械なので、たまにエラーが起こってしまうこともあるのですが、そういった時はすぐに対応・改善してくれるので、何かあればすぐに相談できる存在になっています。

日々の安心の
サポート体制

NOMOCa-Standを安心してお使いいただけるよう、万全のサポート体制をご用意しています。