錦糸町内科ハートクリニック
院長 福井 悠先生
次世代の
スマートクリニックを 次世代の
スマートクリニックを
導入時期
2019年6月
導入台数
1台
外来患者数/日
150人程度
スタッフ数
受付3人
課題
保管患者数が多く
スタッフの金銭授受の負担を軽減したかった
効果
現金授受がなくなり、スタッフの業務負担が減った
Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか?岩井先生:保管患者数が多く、スタッフの金銭授受の負担を軽減したかったからです。
Q 1日来院患者数は何人ですか?岩井先生:150人です。
Q 業務負担はどれほど減りましたか?岩井先生:もともと保険患者数が1日150人と多く、会計業務が大変な負担となっていました。自動精算機導入により保険患者さんとの現金のやり取りがなくなったため、スタッフの業務負担が減り、接遇や電話対応などに時間を使うことができるようになりました。
まちこ皮膚科クリニック
院長 岩井 真智子先生
Q 患者さまからの評判はいかがですか?岩井先生:患者さんからよく聞くのは、便利な機械が入ったと評判でした。初診の患者さんにも操作方法を一度説明すれば次から活用できるので、今は混乱もなく運用できていますね。
Q スタッフからの評判はいかがですか?岩井先生:導入時は、不安の声もありましたが、導入後は現金の扱いがほとんど無くなったのでスタッフからの評判はいいです。
Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか?岩井先生:2日間のサポートがあったので安心感がありました。
導入時期
2019年3月
導入台数
1台
外来患者数/日
80人
スタッフ数
2人
課題
会計待ち時間が長いと不満足に繋がるので解消したかった
医院全体をIT化することでスムーズな診療を提供したかった
効果
患者様の会計待ち時間が減り、満足度向上に繋がった
スタッフの業務削減に繋がり、プライベートの時間を有意義に過ごせると言ってもらえた
Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか?福井先生:経営的に医院をIT化しようと思った際に、患者さんを待たせてしまう時間を作ってしまうといけないと思ったのがきっかけです。その中でも、診療終了後から会計までの時間で待たせてしまうところに危機感を感じていたので、導入のきっかけになりました。
Q 1日来院患者数は何人ですか?福井先生:80~100人
Q 業務負担はどれほど減りましたか?福井先生:医院全体をIT化していくことで、スタッフのキャリア教育にも目を向けることができるようになり、業務負担も精算機を導入以降は減らすことができました。
Q 患者さまからの評判はいかがですか?福井先生:開業当初から導入をしていますが、患者さんからは待ち時間がなくて大変助かるとお声をいただいています。医院全体でIT化を行なっているので、スムーズな診療を受けられると患者さんにも満足していただいます。
Q スタッフからの評判はいかがですか?福井先生:スタッフからも満足してもらっています。NOMOCa-standを皮切りに医院全体のIT化の一環としているので、コミュニケーションも円滑に取れています。スタッフからは自分の時間を作ることができ、有意義な時間が過ごせると声も聞いています。
Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか?福井先生:サポートも手厚く、緊急時にも対応してくれるので、非常に助かっています。NOMOCa-standだけではなく、他の分野に詳しい人がいるのも助言をいただけることがあるので、満足しています。

日々の安心の
サポート体制

NOMOCa-Standを安心してお使いいただけるよう、万全のサポート体制をご用意しています。