きくな湯田眼科
院長 湯田兼次先生
コンパクトサイズが
導入の決め手でした コンパクトサイズが
導入の決め手でした
導入時期
2019年6月
導入台数
1台
外来患者数/日
150人程度
スタッフ数
受付3人
課題
保管患者数が多く
スタッフの金銭授受の負担を軽減したかった
効果
現金授受がなくなり、スタッフの業務負担が減った
Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか?岩井先生:保管患者数が多く、スタッフの金銭授受の負担を軽減したかったからです。
Q 1日来院患者数は何人ですか?岩井先生:150人です。
Q 業務負担はどれほど減りましたか?岩井先生:もともと保険患者数が1日150人と多く、会計業務が大変な負担となっていました。自動精算機導入により保険患者さんとの現金のやり取りがなくなったため、スタッフの業務負担が減り、接遇や電話対応などに時間を使うことができるようになりました。
まちこ皮膚科クリニック
院長 岩井 真智子先生
Q 患者さまからの評判はいかがですか?岩井先生:患者さんからよく聞くのは、便利な機械が入ったと評判でした。初診の患者さんにも操作方法を一度説明すれば次から活用できるので、今は混乱もなく運用できていますね。
Q スタッフからの評判はいかがですか?岩井先生:導入時は、不安の声もありましたが、導入後は現金の扱いがほとんど無くなったのでスタッフからの評判はいいです。
Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか?岩井先生:2日間のサポートがあったので安心感がありました。
導入時期
2018年4月
導入台数
2台
外来患者数
130人
スタッフ数
医師含め27名
課題
増加する患者さんに対しての待ち時間の長さ
患者さんが増えても質の良い医療サービスの提供をしたかった
効果
会計業務軽減により患者さんとのコミュニケーションに時間をかけられるようになった
会計待ちが軽減されたことで、患者さんからお褒めの言葉をいただくようになった
Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか?年間手術件数は約1000件に上り、増加する患者さんの待ち時間が大きな課題でした。その為、以前から自動精算機を導入したかったのですが、大きさがネックでした。その点、NOMOCa-Standはコンパクトサイズが導入の決め手でした。
Q 1日来院患者数は何人ですか?約130人です。
Q 業務負担はどれほど減りましたか?会計業務がなくなった事でスタッフの負担は軽減し、その分患者さんとのコミュニケーションに時間をかける余裕が出来ました。将来的には、人件費削減にも繋がると期待しています。
Q 患者さまからの評判はいかがですか?NOMOCa-Standを2台導入している為、以前より会計の待ち時間が短くなり、更に利用しやすくなったとお話しを聞いております。
また、導入直後は高齢者の患者様の釣銭の取り忘れが多かったのすが、音声機能の追加により解消されました。
Q スタッフからの評判はいかがですか?会計業務が無くなった事で、他業務に時間を割く事が出来るようになり業務負担が減った事や、お金を扱うストレスが無くなった為、仕事がしやすくなったとの事です。
Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか?課題に対して、活用できるものは積極的に取り入れていく事が私のモットーであり、今回も会計の待ち時間短縮の為自動精算機を導入致しましたが、トラブルが起こった際のサポートが不安点でした。しかし、Genovaさんの保守サポートは電話を掛ければ迅速に対応してくれるので、安心感があります。これからも宜しくお願いします。

日々の安心の
サポート体制

NOMOCa-Standを安心してお使いいただけるよう、万全のサポート体制をご用意しています。