こんにちは!ノモカブログです!

早速ですが

新型コロナウィルスの1日感染者数が1000人台となり、

感染拡大第3波が来ていると世の中を騒がせております。

 

新型コロナウィルスの感染拡大は未だに安心できない

状況が続いております。

 

我々の、既存のお客様と導入を考えているクリニック様からも

「これを機にキャッシュレス決済にしたい」

というお声を良くお聞きします。

 

そこで、今回は、

クリニック様のキャッシュレス決済化による

メリット・デメリット合わせてご紹介させて頂きます。

 

 

①クリニック全体のキャッシュレス導入割合

 

 

厚生労働省が平成31年3月に発表したデータによると

下記データ通りになっております。

 

導入割合

クレジット決済:16.5%
電子マネー決済(Suica等):1.9%
QRコード決済(paypay):0.2%

 

 

クリニック様のキャッシュレス化については、現金払いのクリニック様が

多いのが現状になっています。

 

 

②なぜ、医療機関は現金払いが多いのか?

 

では、なぜ一般診療所(クリニック)は現金払いが多いのでしょうか?

要因としては、

 

■利用されることが少ない

 上記の導入率をご覧いただけると分かりますが、

導入してない=使われることが少ないとも考えられます。

一般診療所は、基本的にかかりつけ医となるので患者様も持ち合わせを用意していますし、

飲食店スーパーなどと違い法律上患者の受入れを拒否できないので

持ち合わせがなければ「未収金」という形で対応している所も少ないのではないでしょうか。

こういったことも現金払いが根付く原因となっているでしょう。

 

■高齢の患者様が多い

一般診療所の高齢の患者様の割合は約5割といわれています。

高齢の方は地域など一概には言えませんがクレジットカードを持っていない、

暗証番号が分からないという方は未だ少なくありません。

 

 

③クリニックのキャッシュレス化は必要ない?

 

そんなことはありません。

日本政府は2025年までにキャッシュレス決済比率を

40%までに引き上げることを目標にしています。

出典:キャッシュレス推進協議会「キャッシュレス・ロードマップ2020

 

キャッシュレス推進の意義・メリットとして、経済産業省では

「消費者の利便性の向上」「店舗の効率化・売上拡大」「データの利活用」

の3点をあげています。消費者・店舗側量表への効果を明確にして議論を進めています。

また、新型コロナウィルス感染症の流行を受け、現金管理の減少・接触機会を

減らすための対応が各業界のガイドラインでも推奨されるなどキャッシュレス化に拍車をかけております。

 

④キャッシュレス化のメリット

 

 

「クリニックのキャッシュレス化の現状」「キャッシュレス化が進んでいること」

はお分かりになって頂けたと思います。

では、「実際にクリニックとってどんなメリットがあるの?」という部分を解説していきます。

 

①     ウィルス感染の防止

金銭の授受やお会計に掛ける時間を短縮することにより

スタッフ様と患者様の接触を減らすことが出来、ウィルス感染リスクの軽減に繋がります。

 

②     患者の心理負担軽減

高額医療や自由診療を受ける患者様にとっては、

手持ちの現金で足りるかどうか心配する必要が無くなり、

事前にどの程度金額を用意すればいいか分からない患者様の心理的な負担を軽減できます。

 

③     会計の待ち時間削減

医療機関にとって、診療後の会計の待ち時間は患者様にとって

大きなストレスとなりがちです。その点、キャッシュレス決済を導入すれば

現金決済よりも短時間で会計を完了することが出来ます。

 

④     業務効率化

お会計の待ち時間が少なくなり、現金を扱う機会が減れば、

釣銭間違いのクレーム対応やレジ締めなどスピーディーに行うことが出来、

業務効率化になり他の業務時間に充てることが出来ます。

 

⑤     他機関との差別化

先ほど述べたように政府は2025年までにキャッシュレス決済比率を40%にする目標を設定しています。

将来的には世界最高水準となる80%キャッシュレス化を目指すとされています。

その為、日常生活でキャッシュレス決済を利用する人達が増えることが予想され、

キャッシュレス決済の導入は他の医療機関との差別化に繋がります。

 

以上がクリニック様にとってキャッシュレス化のメリットになります。

クリニック様にとってもキャッシュレス化の対応は今すぐではなくても

今後必要になるのではないでしょうか。

                     

⑤ 最後に

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、「クリニックのキャッシュレス化」についてご紹介させて頂きました。

 

また、弊社が扱うNOMOCaスタンドでもキャッシュレス(クレジット)に対応しております。

自動精算機と併せてご活用いただくことにより感染症対策や業務効率化など

キャッシュレス化のメリットを更に伸ばすできることが出来るのでご興味のある方は

是非、一度NOMOCaスタンドHPもご覧になって頂ければと思います。

 今後とも、クリニック経営にとってより良い情報を配信していきたいとおもいます。