最近、たくさんのクリニック(診療所)、歯科でもみかけるようになった

自動精算機(自動会計機/自動支払機)やセルフレジ(自動釣銭機)

どう違うの?なにがいいの?というご質問を頂くことが多いので、

その違いとメリットやデメリットを含めて「比較」をしながら、今日はご紹介させて頂こうと思います

 

自動精算機とセルフレジの違い

 

 

「自動精算機」

精算から金銭の授受まで全て1人で行えるのが自動精算機

 

自動精算機で解決できること

人不足で困っていたり

会計の待ち時間を短縮したい

 

 

「セルフレジ」

医療事務1人と患者様1人での対面式で金銭授受用のセルフレジ

 

セルフレジで解決できること

現金の授受のミス対策

現金を触らなくてすむので感染症対策にしたい

締め作業が楽になればよいなー

 

つまり「自動精算機」は会計業務を自動でやってもらえるので、

その部分では一人分の仕事をしてくれますが

「セルフレジ」は医療事務スタッフが必ず必要で、

金銭を正確に計数してくれて、更に金銭を触らなくてよいという利点があります

 

そういった意味で行くと

 

実際にこのように考えて頂ければ、

どのタイプの選択すればよいかということが明確になるかなと思います

 

セルフレジ(自動釣銭機)の選び方

 

一般的にセルフレジ(自動釣銭機)には、

電子カルテ、レセコンに「連携」できるものと「バーコード連携」できるものがあります

 

この2種類はどう違うのか?メリットとデメリットをご説明します

 

電子カルテ、レセコンに「連携

 

 

自動精算機と同じで院内LANで、接続しシームレスに連携します

これのメリットは、電子カルテ、レセコンと完全に連携するため

誰がいつ、いくら請求して、いくらお釣りを返して、どんな手段で決済されて、

自費なのか保険なのか、どんな科目で受診したのか?入金か未収なのか、

中には電子カルテ、レセコン側にデータを返して、電子カルテ、レセコン側で

未収金管理まで行うことができるものもあります

 

逆にデメリットは電子カルテ、レセコンの中には接続費用をとるものもありますので、少し注意が必要です

 

「バーコード連携

 

 

これのメリットは、電子カルテ、レセコンの中には接続費用を取る会社は少ないかなと思います

逆にデメリットは、入出金データはもちろん取得できますが、

誰がいつなど連携したときのような細かなデータを取得することができません

また電子カルテ、レセコンの中には領収書に印字するものが多いため、

先に領収書をお渡して、患者さんがそれをバーコードリーダにかざして・・・

という運用になるのですが、お金払ってないのに領収書を渡すという運用は

少し変かなと感じる患者さんも多いようです

 

もちろんその対策として、領収書を請求書にして・・・

お金を払うと領収書をだすといった運用されているところもありますが、、、

といったところです

またこの場合、返金や一部入金、預り金などイレギュラーな決済した際に

後追いができず締めに時間がかかるといったデメリットもあるようです

 

ただ金銭は間違うことは圧倒的に少なくなるので、

その部分が「課題」の場合は、こちらを選択肢に入れることもありかなと思います

 

※まとめて会計(家族会計)はレジスター運用の際は、ご家族などの患者さんに

手計算で一括で金額提示していたと思いますが、

この機能がないと合算請求ができないため、必須機能と思います

※他法人の会計で領収書を分けて出力することは、眼科などでよく利用される機能です

 これがあることで別々の法人でも同一セルフレジで対応できるので、非常に便利です

 

まとめますと、下記3つの中からご希望とご選択頂くことになると思います

 

会計業務の無人化なら「自動精算機

締め作業を楽にしたい「セルフレジ(連携)

金銭誤差をなくしたいだけ「セルフレジ(バーコード連携)

 

ちなみに、少しだけ宣伝させて頂くと

 

当社はこの3パターンどれでも対応可能になります 笑

ぜひ他社様も含めて、ご検討ください!!

 

どの会社様と比較すべきか?などもあれば、他社さまのメリットデメリットなんかも

含めて、コンサルタントよりご説明も可能です

 

次回は「キャッシュレス決済」導入すべき?」というテーマになります

お楽しみに!