こんにちは!ノモカブログです!

 

今回は、

クリニックの再来受付機について

お話しさせて頂きます。

 

昨今は感染症対策による院内業務の自動化や

働き方改革よる業務の効率化が叫ばれています。

 

今回は院内業務の自動化の1つとして

参考になる記事になればと思います。

 

 

再来受付の自動化・再来機について

 

再来受付を自動化するにあたって、必要となってくるのが専用の「再来受付機」です。

再来を自動化していない場合であれば、手動で患者様のIDやヒアリング結果を

電子カルテへ入力する手間が発生します。

 

しかし、再来受付機の導入によって「診察券をかざす」だけで、

患者情報を電子カルテへ登録することができます。

さらに患者様が何をしにきたのかなどをボタンで選べるように設定しておけば、

ヒアリングの内容を書き込んだりする時間も大幅に短縮できます。

 

再来受付機の導入前と導入後の流れは以下のようになります。

 

(再来機能付きの自動精算機をお使いの医院様はこちら)

 

再来受付機のメリットは?

 

再来受付機を導入することのメリットを紹介していきます。

 

①再来患者の情報入力を自動にできる

 

当たり前のことになってしまいますが、

再来の患者様が多い医院様ほど再来受付機の効果は大きくなります。

整形外科でリハビリテーションに訪れる患者様が多い整形外科の医院様では、

再来受付機の導入をされているところが多いです。

再来機を導入すれば、自動で患者情報が電子カルテへ入力されるため手入力で行っていた

受付作業が診察券をかざすだけで終了します。

 

そのため再来患者が多く、

「再来患者の受付をしたいけど、新規患者の対応もあって受付がしにくい…」

「受付を行いたいけど、レセコンの入力に時間がかかり患者様をお待たせしてしまう」

という問題を解決できます。

 

②診療科目が多くても、どの科目を受診したのか管理ができる

 

診療科目が多くなるほど、

患者様がどのような症状でどのような科目を受けに来たのか記載が多くなってしまいます。

再来受付機を使うことによって、再来した際にどの科目を受けに来たのかという

ボタンを設定しておくことで素早く、正確に管理することができます。

 

再来機のメリット

・再来患者の対応を省略して、他のことに力を入れられる
・再来患者の診療科目の管理がしやすくなる

(受付業務を短縮して接遇面に力を入れることができた事例はこちら)

保険証の確認は必要?

 

医院様では月に一回保険証の確認をすることが暗黙の了解となっております。

再来受付機を入れても、「月一回確認を行わなければならない

と思われる方も多いと思います。

 

実際、自動再来機を導入した医院様でも月一回の保険証確認を行っています。

 

しかし、

オンライン資格確認の登場によってマイナンバーカードや保険証をカードリーダーで読み取り、

顔認証・暗証番号の入力をすることにより保険証の情報確認業務が大幅に短縮できるように

なりました。

 

なので、

 ・保険証の確認は「オンライン資格確認」

 ・再来の受付は「再来受付機」

 

というような運用を行えば、再来患者の保険証確認に時間をかけずに受付を行うことが

できます。

 

(オンライン資格確認の詳しい説明は別記事にて紹介しています)

 

導入事例

 

①A医院(整形外科) :

再来受付機を2台設置し、診療とリハビリで受付を分ける

 

導入前の状況

外来数 : 200人
一人当たり受付時間 : 1分
再来 : 100人

 

この医院様では、リハビリの患者様の受付・お会計が課題でした。

そこで、受付のカウンターを真ん中で「診察」と「リハビリ」に分けて、

それぞれに再来受付機を配置しました。

こうすることによって、再来患者様の入力の手間を省ける上に

リハビリと診察でそれぞれ専門に対応することができます。

それぞれを一本化、再来受付機を利用することにより

再来患者1人あたり1分かかっていた受付時間が30秒になりました。

 

再来患者が100人で受付時間が30秒に短縮されたので、

50分もの受付時間削減されています。

 


 

②B医院(整形外科) : 受付票を印刷し、それを院内で回していく

 

この医院様では、患者様が診察券を再来受付機にタッチした際に受付票が印刷され、

受付票に患者様が本日の来院で希望することを書いて受付に提出します。

その後、記入した受付票を院内で回して患者様の対応をするという流れになります。

 

受付票に患者様が記入することにより、

どの患者様が何を希望して来院されたのか」管理が楽になります。

また、患者様に何を希望して来院されたのかのヒアリング時間も短縮でき

受付の業務を大きく効率化できました。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

再来受付の自動化についてお話をさせていただきました。

自動再来受付を実現するためには再来受付機を導入する必要がありますが、

再来機は再来機単体の機能しか持っていないものも多いです。

 

しかし、NOMOCa-Standなら
自動精算機」としての機能を持ちながら「再来受付機」として同時運用が可能です!

 

・「再来だけ自動化するのも…

・「再来もそうだけど、会計も自動化したい

 

という医院様にうってつけの商品になっております。

自動精算機と再来機の一台二役のNOMOCa-Standで、

医院様の課題を解決してみませんか?

 

▼▼▼再来機能をつけた自動精算機の導入インタビューはこちら▼▼▼

 

あわせて読みたい