ノモカブログNOMOCa-MAGAZINE

クリニックにセルフレジを導入するメリットは?導入検討のポイントも紹介!

クリニックにセルフレジを導入するメリットは?導入検討のポイントも紹介!

昨今、病院やクリニックでは人手不足が問題になっており、スタッフ一人あたりの業務量が増大してしまい、残業時間の増加などの負担につながっています。このような問題を解決するために、セルフレジの導入を検討する病院やクリニックが増えてきています。セルフレジを活用することで、現金授受のストレスが軽減されたり、締め作業が楽になったりして、少ない人数のスタッフでも業務を円滑に回せるようになることが期待できます。本記事では、セルフレジに関する基礎知識や導入するメリット、導入を検討する際のポイントについて解説します。

クリニック向けセルフレジとは?

クリニック向けセルフレジとは?
まずはクリニック向けのセルフレジとはどういうものかについて説明します。

セルフレジとは?

セルフレジとは、会計をする際に金額の表示から金銭の授受までを行ってくれる機器のことをいいます。セルフレジを導入すると、クリニックのスタッフが会計業務に時間を取られることがないため、業務の負担を軽減することが可能になります。また、スタッフと患者さんが接触する機会が減るため、院内感染の予防にもつながります。

クリニックにセルフレジを導入するメリット

クリニックにセルフレジを導入するメリット
クリニックにセルフレジを導入するメリットには、下記のようなものが挙げられます。

業務が効率化できる

セルフレジを導入すると、一部またはすべての会計作業を患者さんと機器で行うことができるようになるため、会計窓口のスタッフの業務負担を減らすことが可能になります。会計業務を担当するスタッフの人数を少なくすることができ、人件費の削減にもつながります。会計業務にかかっていた工数を減らすことができ、その分他の作業を担当することができるため、クリニック全体の業務の効率化も図ることができます。

会計の待ち時間を短縮できる

セルフレジを導入すると、会計をスムーズに行えるようになることで、会計の待ち時間を短縮できます。それにより患者さんのクリニックに対する満足度の向上が期待できる点もメリットといえるでしょう。

感染症対策になる

セルフレジを導入することで、患者さんとスタッフが金銭を手渡しする必要がなくなります。スタッフが患者さんに対面する時間も削減できるため、感染症対策にもつながります。

ヒューマンエラーの発生を防ぐ

セルフレジを導入すると、会計の際のヒューマンエラーの発生を防ぐこともできます。スタッフがレジ打ちを行う場合は、意識していても金額の打ち間違いや金銭の数え間違いが生じてしまいます。しかし、セルフレジでは機械が自動で金額を表示し、精算を行ってくれるため、このようなヒューマンエラーを予防することができます。締め作業の際に金額が合わないというトラブルも少なくなるため、スタッフの残業時間を削減することも可能になります。

決済手段を増やすことができる

セルフレジはQRコード決済や電子マネー決済などのさまざまなキャッシュレス決済に対応しています。現金かクレジットカードによる支払いにしか対応していなかったクリニックの場合は、決済手段を増やすことができ、患者さんの利便性を高めることができます。

セルフレジの導入を検討するポイント

セルフレジの導入を検討するポイント
次に、セルフレジの導入を検討する際のポイントについて説明します。

自動精算機とセルフレジのどちらが合っているか検討する

セルフレジに似た機器として、自動精算機があります。セルフレジを導入する際は、どちらが自分のクリニックに合っているかを検討すると良いでしょう。セルフレジも自動精算機も、無人会計を行うことはできますが、自動精算機はコンパクトなサイズで無人会計を実現するために、一部紙幣・硬貨の受け入れや出金の制限が発生します。一方で、セルフレジにはそういった制限がない代わりに、自動精算機よりも奥行を取ってしまうので設置場所に注意する必要があります。

導入コストや運用コストを調べて比較する

セルフレジには色々な機種があり、導入コストや運用コストもさまざまです。セルフレジを比較検討する際は、導入することでどのような課題を解決したいのか、そのための適切な費用はいくらぐらいかといった視点から考えてみることをおすすめします。

操作がしやすいかどうかを確認する

セルフレジを導入したとしても、操作性が悪くて患者さんがスムーズに使うことができず、スタッフがサポートしなければならなくなってしまっては意味がありません。そのため、高齢の患者さんにとってもわかりやすく、操作がしやすい機種を選ぶようにしましょう。スタッフの中にも機器を使うことが苦手な方もいますので、セルフレジの操作性が良いことは大切です。

サイズや設置場所を確認する

セルフレジのサイズが設置場所に合っているか事前に確認するようにしましょう。想定以上に場所をとってしまい、スタッフの業務における動線を阻害してしまったりすると、かえって業務効率を下げてしまうことになります。

決済方法は何があるかをチェックする

前述したようにセルフレジにはキャッシュレス決済などの現金とクレジットカード以外の決済手段に対応している機種が多いです。最近では現金を持ち歩かないという人も増えてきているので、セルフレジを導入するタイミングでキャッシュレス決済に対応することは、患者さんの満足度を高めることにつながるでしょう。

電子カルテなど各システムと連携できるか調べる

セルフレジと電子カルテやレセコンなどのシステムを連携すると、会計時に患者さんの情報を確認することができるようになります。その際は、データ連携とバーコード連携のどちらになるのか、連携方法についても確認するようにしましょう。

クリニック向けセルフレジの紹介

最後に、クリニック向けのセルフレジでおすすめの機種と導入事例を紹介します。

ノモカデスクとは

ノモカデスクは自動精算機のように患者さんだけで会計を行うことができるセルフレジです。硬貨や紙幣の枚数を指定して出金できるなどの、セルフレジの締め作業に便利な機能も引き継いでおり、自動精算機とセルフレジの両方のメリットを持つ機種といえます。ノモカデスクを導入することで、患者さんの会計の待ち時間を短縮しながら、締め作業も迅速かつ楽に終わらせることが可能となります。

ノモカレジの導入事例

埼玉にある鈴木眼科では、ノモカレジを導入されています。受付スタッフの業務負担を軽減するために、導入を決められたそうです。人を介さない運用方法と金銭を患者さんが直接投入する感染症対策の2点にメリットを感じられているといいます。ノモカレジは受付スタッフ0.5人分の働きを担えていると評価できるそうで、締め作業の短縮ができる点、電子カルテと連携させているため数字のズレがない点においても満足されているといいます。保守サポートでは、営業担当の電話による対応やリモートでのシステムの調整に価値を感じられているそうです。

まとめ

まとめ
ここまで、セルフレジに関する基礎知識や導入するメリット、導入を検討する際のポイントについて解説しました。クリニックでセルフレジを導入することは、スタッフの業務効率を高めるだけでなく、患者さんの満足度の向上にもつながるため、メリットは大きいといえます。セルフレジ導入を検討されるにあたって、本記事が参考になることができたら幸いです。

人気記事ランキング

一覧はこちら

導入サポート

  • 資料ダウンロード

    ノモカについてまとめた資料です。

    資料ダウンロード
  • お問い合わせ

    営業チームが悩みや
    ニーズをお伺いし、
    最適な製品を
    ご提案します。

    お問い合わせはこちら
  • サポートセンターに電話

    NOMOCa製品を安心して
    お使いいただけるよう、
    万全のサポート体制を
    ご用意しています。

    0120-811-009 お問い合わせはこちら