こんにちは!ノモカブログです!

 

今回は、ノモカブログでも皆様によく読まれている
キャッシュレスについてお話しさせて頂きます。

キャッシュレスの種類やメリット、導入の注意点などは
以前上げさせて頂いたこちらをご覧ください。
「クリニックに合ったキャッシュレス決済と導入の注意点とは?」

 

クリニック様でも勘違いが多い手数料について

 

 

一般的に、キャッシュレスを導入されている医院様の手数料は
大体2~3%ではないでしょうか。

領収額の3%を手数料として取られるキャッシュレスですが、
患者様の自己負担額(3割)の3%なので実質0.9%になります。

 

手数料計算

例:1000円の場合
300円(自己負担額(3割))
9円(自己負担の手数料3%)

となります。

しかし、一つ注意しなくてはいけないのが
キャッシュレス決済(主に電子マネー・QR決裁)
は1000円以下のお会計で使われることが多いということです。

1000円以下のお会計で使うキャッシュレス

クレジット:10.5%
電子マネー:69.6%
QRコード決済:58.3%
スマホ非接触決済(quickpayなど):69.9%

※楽天インサイト調べ(2020年6月)「キャッシュレスに関する調査」

 

電子マネーやQRコード決済では手数料もクレジットと異なってくるので
さらに注意が必要です。

 

クリニックでクレジット以外が流行らない理由

 

上記のとおり、電子マネー・QRコード決済1000円以下のお会計でよく使われてしまうこと
また、調査ではよく使う決済手段としてクレジットは41.2%で現金より多いものの
他のキャッシュレス決済は電子マネーが8.6%、QRコード決済12.9%となっているのが現状です。
このような現状もクレジット以外が流行らない理由にも繋がってくるでしょう。

クレジットを導入されているクリニック様でもクレジットの対応は
自費のみ。○○円以上のみ。とされているクリニック様もあるようです。。。

ではなぜ、そのような事が起きるか?
例えば保険証を忘れてしまった患者様の場合の対応を
考えて頂くと理解できると思います。

保険証を忘れてしまった患者様のお会計は一度、自費診療になるため
お支払いして頂き後日、全額返金して保険診療に直し再度お会計して頂く。
もしくは、差額分を返金しこちらでカルテを修正する等する必要があります。

後日患者様が保険証を持ってきて正しいお会計をする場合、
現金で支払いの場合は、上記の作業で以上になりますが
こちらがクレジットカードの場合、患者様はクレジットカードでお支払いしたのに
差額分を現金で返すことの違和感や、医院様の用意しなければならない実際のお金が増えることがあります。

さらに、全額返金の場合クレジットカードの売上を管理アプリなどで過去に遡り
取消し、レセプトも遡って修正し入力しなおし再度、お支払いして頂く
という流れになります。

また、保険証を忘れて自費診療で払った患者様がキャッシュレスを使い
後日来なかった場合など、本来の手数料率よりも多く取られてしまうという
デメリットもあります。
(自己負担の3割の3%ではなく、自費診療の3%となってしまうため)

様々なキャッシュレス決済方法を用意してしまうと管理が大変になり
スタッフ様の手間やお会計に掛かる時間が多くなり逆に患者様の待ち時間が
増える可能性もありえるので注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。

今回は以上になります。
クリニック様には、以上を踏まえて医院に合ったキャッシュレスの
導入を検討して頂ければと思います。

今後とも皆様にとってお役に立てる情報の
発信を心掛けて参ります。

 

 

あわせて読みたい